FC2ブログ
09 月<< 2019年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 
突然ですが、パプアニューギニアでも日本同様、犬は家庭で飼われています。
もちろん、日本で見るような血統証付きのような犬は見えませんが、多くが大型犬。なんとなく体型を見ると、元々先祖はドーベルマンだとかの血が混じってるのかなぁーといった犬が多いです。
この犬なんですが、実は大変危険な存在です。なぜなら、ちょっと気を抜くと後ろから襲いかかってくるから・・。
そう、パプアの犬は人に襲いかかってくるんです。特にプラスチックの袋なんかを持っていると、多分荷物を狙ってなんでしょう。吠えながら突進してくるので、大変危険な存在です。
だからなのか、パプアの人達は総じてあまり犬が好きではないようです。なにか悪さをすると容赦なく蹴り飛ばします(本当)。僕から見ると虐待なのですが、それが文化かもなので複雑な心境です。
でも猫は全く別待遇なんです。犬が家の中に入ろうものなら、容赦ない蹴りが飛びますが、猫はオッケー。犬は人間が近寄るとビクビクしていますが、猫は日本とほとんど変わらずゴロゴロ寝ています。
なんでも聞くと、猫はグッドハンターなのでいい奴だとのこと。前にも書きましたが、パプアの住宅はそんなに気密性が良くないので、ゴキブリやらネズミやらが繁殖しやすい環境です。その害虫を退治するために猫は飼われているようです。
番犬に逆に噛まれる飼い主が多い犬の場合とは真逆でパプアライフには役立つ存在のようです。
さっき猫は日本とほとんど変わらないと書きましたが、でもやっぱり日本よりは強力です。
それは日本と違って純粋にハンターだからなのかもしれませんが、パプアの猫は魚の骨まで食べます(本当)。
昔僕が子供だったときに、「なんで漫画とかで猫が骨をかじってるんだろうー」なんて素朴な疑問を持っていたんですが、ようやくわかりました。あいつらは本気を出せば骨くらい難なく食べれるんですね。
素朴な疑問がパプアに来てから解決しました。
Lukim yu gen

ちなみに、僕はどちらかというと犬派です(日本では)




RIMG0013.jpg
凶暴な犬その1。でも日中は弱っているので(暑いから)安心です♪
 第1回で終わるかもと僕も思っていましたが、幸い第2回目を書くことができました。
 第2回目の特集は靴です。そう、靴。
突然ですがクイズです。みなさんはパプアの人たちはどんな靴を履いていると思いますか?
普通の靴?いやいや普通の靴は考えにくいから、サンダルかな?といった所でしょうか。それは半分当たりです。
半分の人たちはサンダル。半分の人たちは何にも履いていません。そう裸足です。
街中も決してきれいな道ではないし、日中はコンクリートが焼けてかなり暑いはず。でも裸足。大人も子供も相当数裸足で歩いています。
もちろんこれは街中に限ったことではなく、ビレッジでも同じです。小さい子供はもちろん裸足。男の子も女の子も、子供は靴なんか履かずにパンツだけ履いて上半身は全裸。ブッシュ(ジャングル)の中を駆けまわります。
昔ウルルンだか何かの特番で、
「この部族の子供たちは、幼いころから親たちが毎日足に傷を付ける。こうすることで、足の皮膚を強くし、ジャングルの中を自在に歩けるようになるのだ・・」
 とか報道していた気がしましたが、パプアの子供たちは3才位の子供でもそんな訓練をすることもなく、どんどんジャングルの中に入っていきます。
 とまぁそんな感じで話がずれてしまいましたが、パプアの人たちは総じて強靭な脚を持っています。だからいつでも裸足なんでしょうが、面白いのは本当にどこでも裸足で行けること。
 街中はともかく、実は飛行機にも裸足で乗れるんです(本当)
 空港に行くと、全員じゃないですが、たまに裸足の方々を見かける事ができます。日本では・・まぁ絶対見る機会はないでしょうね。それだけPNGの人たちの脚が強くて、裸足が人権を得ているといったことでしょうか。
 そんなこんなで第2回を終えたいと思います。
Lukim yu gen




裸足の写真がなかったのでサンダル。現地人のではなく僕のサンダルです。買った時からボロかったけど、今はボロボロ。
センスについては触れないでください・・
どうして僕はあの時ビールを買いだめして置かなかったんだろう。
 突然でなんですが、任地のポポンデッタからすべてのビールが消えました(ブラックマーケットからも)。
 理由はよくわかんないのですが、ビレッジにあるすべてのリカーショップからもビールが無くなってしまったようです。
 日本ではなかなか考えられないですよね。
 友達が以前言っていたことですが、生徒との話し中(彼は教師です)に
「先生はどうして毎日ビールを飲むのに家に買い置きはしないの?」と言われたときに、
「バカだな。買い置きしたら全部ビール飲んじゃうだろ」
と話していたことがあったそうですが、僕も同じ理由で買い置きはしない派だったのが今回は裏目に出ました。
 パプアに来てもタバコもブアイ(英語ではビートルナッツです)もやらないヘルシーライフを送っていたのですが、ビールだけは特別。自分へのご褒美として1日1本飲んでいたのですが、しばらくご褒美はおあずけのようです。
 書くことも尽きてしまったので、ここでパプアのビールの紹介をしようかと思います。
 パプアのビールは大体1缶(瓶もある)3.5K位です。日本円にすると350ccで100円位でしょうか。日本円でも、ふーんそのくらいするんだーといった感じかもしれませんが、活動資金から換算すると、僕にとっては気分的には350円位でしょうか。決して安くはないです。
 とまぁ値段はそのくらいですが、種類は主なもので3種類あります。
 最も有名はパプアのビールと言えばSPです。SPとはSouth Pacificつまり南太平洋ですね。大胆にSPの文字を中央にドンと載せたラベルが目印の、まさにビールオブパプアです(味もクオリティーも含む)。
 SPはどちらかというと庶民的なビールで、値段も一番安いビールです。とは言え人気はやはりSPの横に並ぶものはないと思うのですが、後の2つは高級(ちょっとだけ)ビールに当たります。
 この2大高級ビールはホワイトケンとブラックケンです。正確にはホワイトケンはエクスポート。ブラックケンはニューギニアイスという名前があるのですが、今のところこの名前以外は聞いたことがないです(ポポンデッタでは)。
 ちなみにエクスポートの缶は白くて、ニューギニアイスの缶は黒いです。だから~~ケン(缶)と呼ばれているわけですが、僕は最近このどちらかを飲むことにしています。
 なぜか。それはSPは飲んでいるときはいいんですが、ひどい二日酔いになるから・・。
少しであればいいんですが、大量(それでも6杯程度)に飲むと大変なことになります。僕の場合2日酔いになっても、大体次の日の昼には完治しているのですが、SPの場合はひどい思いをしたことがあります。なので、パプアに来たときは白い缶が黒い缶がおすすめです(言うまでもないですが、飲み過ぎないに越したことはないです)。
 ちなみにこれら高級ビールのお味はというと、オリオンビールからすべてのコクや深みを抜いたら多分近い味になるのではないでしょうか。
 つまりコクが一切無い水のようなビールなので、最初飲んだ時はなんだこれだったのですが、今となっては美味しくなるのが不思議。
 みなさんもいつかパプアでお楽しみください(多分日本で発売される日は来ないと思うので)。
 以上パプアのビール事情でした。
Lukim yu gen





これがSPです。アイスとは違って、これは本当にパプアでしか飲めないはず。おすすめです!
(もしタイガーが売ってればそっちに浮気してしまいますが・・)
風邪(なんだか病気なんだか分かりませんが)はすっかり完治しました。今週から1週間ぶりに仕事も再開です。
 1週間寝たり起きたりの繰り返しだったので、若干生活リズムが崩れていますが、ぼちぼち活動を再開してます。
 1週間の休みというのは長いもので、我が家にも変化が訪れました。
 まぁ小さな変化ではありますが、現在我が家のバナナが収穫時を迎えて、軒先に干されています。
 今まで特にきっかけがなかったので書いていませんでしたが、我が家の庭には様々なフルーツが育っています。
 筆頭はもちろんさっきも書いたバナナですが、その他にもオレンジにパイナップルにグアバ(ジュースが有名)に名前は知りませんが謎の木の実があります。
もちろん僕が植えたものではないですが、パイナップル好きの僕としては理想的な環境といえます。
そのなかでもやっぱりバナナは一段と輝く存在です。なぜなら他のフルーツはデザートにはなっても主食にはならないから。そう、バナナは少し小腹が減ったとき。もしくは料理が面倒くさい時の心強い味方なのです。
現に先週はバナナにどれだけ救われたか分かりません。
日本にいたときは、自分でバナナなんてほとんど買ったこともなかったですが、今ではVIVAバナナです。
大分バナナについて熱く語ってしまいましたが、今日バナナが収穫されたので、ここ数日は多分バナナ祭りが開催されるのではないでしょうか。
ここで少し疑問が残るのは、収穫したバナナは1度に黄色くなるのか、それとも少しずつ黄色くなるのかということです。
少しずつならまぁなんとか食べれそうですが、もしも一気に黄色くなったら、さすがにひとりで食べることはできません。
まぁその時はスタッフルームにでも持っていけばいい話ではありますが、できるだけゆっくり楽しみたいのが人情というもの。
そんなどうでもいいことを考えながら、今日の夜も更けていきます
Lukim yu gen





1本の木からこれだけ取れます。多分全部で100本位・・もっとあるかも
今日待ちに待ったコンロが復活しました!
 この日が来るまで、毎日毎日コーンフレークとトースト、トーストとコーンフレークの毎日でしたが、今日で終わりです。
 今夜のディナーは二目チャーハン(ピーマンとスパム)。久しぶりのコメの味に感動して全部食べてしまいました。
 しかし、今日コンロは普通に使うことができたのですが、新品の白いコンロの取っ手は茶色になっています。
なぜかというと、今日も取っ手から火が出たからです。
新品のコンロが早くもスクラップになるところでしたが、すぐに鎮火したので、大事には至りませんでした。
なんでも、コンロには問題はなかったけど、購入したガスのレギュレーター(これも新品)の調子が悪いので、ガスが大量に吹き出して火が出たようです。
ん?コンロには問題はない・・??
そうです。実はコンロには何の罪もなく冤罪でした。悪いのはこの間買ったレギュレーターだったのです。
カーペンターによると、コンロの調子が悪くなった日に、誰かがガスボンベを盗もうとして触ったのではないかということ。
それはそれで嫌ですが、今のところ万事解決です。
壊れた(実際は壊れてなかった)コンロは捨てた。ということで口裏を合わせて、古いコンロはカーペンターか誰かの家に運ばれていく予定です(そうしないとカーペンターが会計からお叱りを受けるので・・)

ちなみにまた風邪(病名は不明)が再発してダウンしてます。
ベッドで横になり、抗生物質と抗マラリア薬漬けの日々です・・
Lukim yu gen





ニューコンロ。でもジェネレーターはそのままなので、火力が一定しないのが玉にキズ。
最近は火は吹かないものの、使うときは結構勇気がいります。
 

プロフィール

イトウくん

Author:イトウくん
青年海外協力隊で、パプアニューギニアに派遣中のイトウです。
たまにぼちぼち更新してます。自他共に認める筆不精ですが、好意的なコメントは常時募集中。また、厳しいご指摘も、テレパシーで受け付けております。

 
 
 
 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
 

カウンター