FC2ブログ
09 月<< 2019年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 
 今日待ちに待った日本からの支援物資が届きました。支援物資と言っても両親からの小荷物ですが、なんというか感無量の一言です。
 多分3週間か4週間位かかったこともあり、もうこの感動を言葉にすることはできません。
 でも言葉にしないとブログが続かないので、ひとまず続けることにしますが、今回の物資のおかげでかなり生活は改善されたと言っていいでしょう。
 まず調味料です!
いままでは日本の味を食べたくても、調味料がないので、モルトビネガーやら日本には無いソースを使ったりして味を整えていたのですが、今日からはみりんと調理酒を使うことができます。パプアでこの2つはまず買えないですね。
次に本です!
仕事に使う本が届いたので、わからないことをインターネットで調べなくてもよくなりました。しかも、僕の好きな作家の小説も。しばらく寝るのが惜しくなりそうです。
次にコーヒーフィルターです!
ん?と思われる方も多いとは思いますが、パプアではあんまり手に入りません。首都であれば、買えるときは買えるらしいんですが、どうも運に見放されているようで今日まで買えなかったんです。ちなみに僕は結構なコーヒー党で、こんなにコーヒーを飲まなかったのは、飲み始めて以来(多分中坊位)初のことです。
この香り・・何も言えねぇ。実はパプア産のコーヒー豆は僕のマイベストコーヒーでもあります。シグリというんですが、またそのうちブログに書きますね。
とまぁこの他にもいろいろありがたいものが、茶色のくたびれたダンボールに入っていました(多分いろいろ大変な目にあったのでしょう)。
今コーヒーを飲みながら今日の満足感の余韻に浸っているところですが、ここで思うのは、両親への感謝の気持ちです。
言葉を重ねるごとに言葉の重みが軽くなってしまって、うまくいうことができないのですが、今日は本当に両親に対して「ありがとう」の一言しか言えません。
「いつも言葉の揚げ足を取ってごめんなさい。」
だとか「いつも皮肉ばっかり言ってごめんなさい。」
だとか、「母さんが卓球行ってる間になんで俺が茶碗を洗わないとだめなんだよ!」とかちっちゃい事を言っていたこととか、今までの懺悔はいくらでも出てきますが、今日は本当にありがとう。
読ませられる皆さんにはすみませんですが、この場を借りて両親に感謝を伝えたいと思います。
Lukim yu gen





送られてきたダンボール。高品質の日本製のダンボールがずいぶんとくたびれています。中に入っていたアルミニウムの缶もぐにゃぐにゃ。なぜ?



RIMG0004.jpg
小荷物の中身。ちなみにパプアにはカーゴ(積荷)信仰というものがあって、昔は飛行機の積荷などを信仰していたそうです。今日は僕もその気持ちが少し分かりました。
今日は早めに寝ておこうとか書いておいてなんですが、一つ前のブログを読んだ人はもしかすると、
「バイク講習以外の時間はお前何やってたんだよ?」
 といった疑問をお持ちの方もいるかも知れません。といっても遊んでいたわけではないですよ。到着日はなんにもできなかったんですが、2日間はポートモレスビージェネラルホスピタルに見学に行ってきました。
 まぁ名前から分かるとは思いますが、首都にある公立病院です。ここに僕の同僚(予定)であるEさんが現在研修を受けているわけですが、国内のリハビリテーションの中心組織の1つと言っていいでしょう。
 そんなわけで、ちょっと見学がてら少し仕事をしてきたわけです。
 しかし、さすがポートモレスビー。他の病院とは規模が全く違います。
 今まで見てきた病院は全部1階建てだったんですが、ここは4階建て。しかもエレベーターがあります!
 まぁ経費削減のためか、エレベーターには鍵がかかっていて自由に使うことはできない訳ですが。
 ともあれパプアでは巨大病院になることは間違いありません。
 リハビリテーション部門もその例にもれず相当数のスタッフがいます!
とは言っても全部で7人程度ですが、その他の病院に比べれば格段に多くなっています。僕のところなんて、未だに僕一人ですし・・
聞くと毎日外来患者さんが来ているそうですし、入院患者もひと通り見ているようです。加えて定期的にカルテも書いているそうなので、僕にとっては夢のような環境です。
僕の任期中には難しいかもですが、「いつかポポンデッタもこのくらい大きくなればいいなぁ」と思いを馳せてしまいました。
Lukim yu gen

ちなみに、リハビリの内容がほとんど筋トレしかないのはご愛嬌


すいません。写真はなしです。コンクリート製の建物で、日本の援助で作られた建物になっています。
またそのうち写真撮りますね
突然ですが、実は今週月曜日から今日にかけての1週間、首都のポートモレスビーに上京(首都に行くことをそう言います)していました。
 ブログの更新が滞っていたのもそれが原因です。
ブログの更新を楽しみにしていた皆さん(主に俺の親父)すみませんでした。
ともあれ、どうして首都に上京してきたかというと、タイトルに書いてあるようにバイクの講習を受けに行ってきました。
 協力隊でなぜバイク?と思われる方もいるかも知れませんが、実はJICAが活動に必要だと判断した場合、バイクの貸与受けることができるんです。
 使用目的は仕事に限られるのですが、あるとやっぱり便利ですよね。
 実際はそんなに貸与されている国は少ないらしいですが、PNGはバイク隊員のメッカ。相当数の隊員がバイクを使用して活動をしています!
 まぁ、それだけ交通が不便だと言うこともできますが・・
 ともあれ、途上国でバイクに乗ると危ないですし、バイクも中古だということで、かなり本格的な講習を受けることができました。
 僕はプラモデルもあんまり作ったことがないので、整備にはかなり不安があったのですが、今回は一念発起。気合を入れて講習に挑んできました!
 テストがあるから・・というのもひとつの理由ではありますが、もし自分で整備できないと、僕の場合誰にも頼ることができないので、切実な問題な訳です。
 その辺が一人任地の辛さではありますが、人間真剣になれば意外と出来るものですね。今まで自分でエンジンオイルを抜こうと思ったこともなかったのですが、今では結構自信がつきました。日常点検に関してはなんとか自分でできるようになったと思います(多分)
 ともあれ1週間(正確には3日間)の講習は結構疲れました。1日中バイクの勉強をしたり、バイクに乗ったり、整備をしたりだったので、意外と疲れが溜まっているようです。(教えてくれた先輩隊員の方が疲れているのは間違いないですが・・)
 明日からはいつもどおり仕事があるはずなので、今日は早めに寝ておこうかなぁと思います。
 Lukim yu gen



P1060785.jpg
学科受講中。ちなみにこのとき腐った牛乳を飲んで、腹が大変なことになっていました



P1060794.jpg
先輩からバイク整備を教えてもらっているところ





これは・・・気にしないでください。宇宙人か何かです。きっと
 お待たせ。したかどうかは分かりませんが、ブログのアップを再開したいと思います。
 ブログにアップしていなくても、ちまちまパソコン内に書き留めていたんですが、なんと21もの日記が溜まっていました。
 自他共に認める筆不精の自分ですが、まさかこんなに書いているとは・・。書いた当人が一番驚いています。
 ともあれ、一気にこれらをアップするのは、時間的にもお金的にも(本当にシリアスです)バカにならないので、少しずつアップしていきたいと思います。
 たまに日記の日付を書いてあるものもあれば、書いてないやつもあります。
 まぁ全てが3月末から、5月上旬にかけてのものなので、時系列的にはさほど重要ではないと思いますが、まぁもしも
「どうしても知りたい!!」
といった稀有な方がいれば、連絡ください。
 僕自身忘れていますが、頑張って思い出そうと思います(笑)
 

プロフィール

イトウくん

Author:イトウくん
青年海外協力隊で、パプアニューギニアに派遣中のイトウです。
たまにぼちぼち更新してます。自他共に認める筆不精ですが、好意的なコメントは常時募集中。また、厳しいご指摘も、テレパシーで受け付けております。

 
 
 
 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
 

カウンター