FC2ブログ
08 月<< 2018年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースター休暇(4/25)

 日本ではあんまり馴染みのない休暇。そのなかの1つがイースター休暇でしょう。
 イースターとは復活祭(たしか)で、キリスト教徒のお休みの1つです(多分)。
 日本で言えばゴールデンウィークのような印象でしょうか。先週の木曜日の午後から今日までずーーっと休みです。特に何もやることがないので、家でだらだらしてたり、街中を歩きまわったりで一日が暮れていきます。
いつもなら新聞を苦労しながら読んでいれば時間も潰れるんですが、休暇中は新聞すらありません。なぜなら、新聞を売ってる人も休みだからです。文章を読んでいるとこのだらだら感が伝わるのではないでしょうか。
話しに出たので、パプアの新聞の話でもしましょう。
パプアの新聞は有名なのが2誌あり、その他が2~3誌位でしょうか。以外とたくさんありますよね。
というのも、パプアには週刊誌というものはありません。
 なので、何か読むものといえば新聞か本屋で売ってる本くらい。スタッフの友人などは、時々新聞に入っている何かの特集や、カラーページを楽しみにしています。
 さっき有名なのが2誌あると言いましたが、これはナショナルとポストクーリエです。どっちも2K(60円位)未満で、首都ではナショナルが1K。ポストクーリエが1.5K(1キナ50トヤ)で売られており、その他の地域ではそれぞれです。
 ポポンデッタではナショナルが1.5K。ポストクーリエが1.7K。古い新聞は1Kで売られています。ちなみに、場合によっては昨日の新聞でも1.7Kで、なんでも売られ始めた時間帯が重要だとのこと。昨日のことだとすでに新(あたらしい)じゃないような気がするんですが、細かいことのようです。
 売られているのは、もちろん新聞屋さん・・ではありません。そんなものはこの町にないので、独自のルートで入荷される新聞を、近所の住民がスーパーの店頭で売っています。ちなみに新聞によっては、微妙に売っている場所が違うので、読みたい新聞を買うには、売っている場所を覚えている必要があります。
 まぁ、たまには場所が変わるし、売らない日もあったりなので、殆どの人はラジオで情報収集してるみたいですね。
 話が全然変わりますが、ラジオでは気象情報や気候の情報は流れているんでしょうか?
 最近テレビもないし、新聞にも書いていないんで、いったい今何度くらいなのかさっぱり分かりません。天気もわからないんで、雲を見て判断。最近全然疑問に思っていなかったんですが、現地化が進んでいるのかもしれませんね。
 最近日本に帰れるのかどうかが心配になってきた今日この頃です。
Lukim yu gen

ちなみにバナナ祭りは継続中です。



RIMG0016.jpg
古新聞ですが、左がNationalで、右がPost Courier。偶然なぜかどっちも顔のアップ



RIMG0017.jpg
たまに新聞に入っている小冊子。多分パプアで唯一の女性誌
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

イトウくん

Author:イトウくん
青年海外協力隊で、パプアニューギニアに派遣中のイトウです。
たまにぼちぼち更新してます。自他共に認める筆不精ですが、好意的なコメントは常時募集中。また、厳しいご指摘も、テレパシーで受け付けております。

 
 
 
 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
 

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。