FC2ブログ
10 月<< 2018年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪奇現象

 といっても僕がじゃないですが。
今日の晩ご飯を食べながら、いつもどおり他のゲストといろいろ雑談をしていたんですが、そのなかのひとりが、昨日の深夜に妙なことがあったそうです。
なんでも昨日の夜いつもどおり寝ていたら夜中の3時にノックをする音が聞こえたそうです。誰だろうと思って部屋から出てみたら誰もいない。誰か部外者が入ってきたのかと思って周囲を見てみたら、セキュリティーも寝ている(それは別な意味で怖いですが・・)。なんだか怖くなったので、電気とテレビを付けっぱなしで寝た・・というまぁありがちな話だったんですが、面白いのはそれが起きたのが昨日の夜だということ。
そうです。昨日の夜は日本兵の慰霊のために来てくれた日本人の方がたくさん泊まっていた日なんです。
詳しくは聞いてはいませんでしたが、日本軍の基地があったブナやサンナンダへ行かれたらしいので、その時に旧日本兵の英霊が付いて来たのでしょうか・・
いつも陽気なおっちゃんが、その時に限ってシリアスな表情をしていると、若干の信憑性が増すような気がします。
知らない人も多いと思いかもしれませんが、僕のいるオロ州は戦時中日本軍の基地があった場所で、様々な場所にメモリアルパークがあります。僕も一度基地のあったゴナへ行ったことがあるのですが、なんとなく寂しい雰囲気があるところで、行くまでは「海で泳げたらいいな!」とずいぶん軽い気持ちでいたのですが、なんとなくしんみりとした気分になったのを覚えています。
戦時中に、死んでも帰れぬニューギニアと言われたパプアですが、やはり現地の人も日本兵の幽霊を見ることがあるそうです。
とある本によると、現地の人が日本兵の幽霊を見ることがあるというので、その時の話を聞いてみると、日本兵の幽霊が、「ガンバレ、シカリシロ」と言っていたそうです。もちろんその話をしていたのは現地の人なので日本語を知ってるはずはないのですが・・。
 以前から思っていたことですが、自分の任地がこのような土地になったというのは何かの縁だと思うので、時折慰霊のために周囲の基地などにお参りに行くのも大事な仕事なんじゃないかなと思っています。
今日はなんだかそのことを改めて感じた一日でした。
Lukim yu gen


RIMG0085.jpg
ポポンデッタ(私の任地)にあるオーストラリアによるメモリアルパーク




日本軍の対空砲(でしょうか?)らしいです。同じくポポンデッタにあります


スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

イトウくん

Author:イトウくん
青年海外協力隊で、パプアニューギニアに派遣中のイトウです。
たまにぼちぼち更新してます。自他共に認める筆不精ですが、好意的なコメントは常時募集中。また、厳しいご指摘も、テレパシーで受け付けております。

 
 
 
 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
 

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。