FC2ブログ
01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

リハビリ室




 まずはこの写真を御覧ください。そうです。これがリハビリ室です(未来の)!
まぁ見てもらえばお分かりかとは思いますが、予定地であって、今のところ、なーんにもありません。ところどころある血痕だけでしょうか(笑)。
 気分的には廃墟に近いんですが、いつかきっときれいな部屋に復活するはず。
 そう信じています。
 数日前にちょっと書きましたが、すでにこの部屋の改修案はカーペンター(PNGでは病院内に大体いるようです)に提出済み。
昨日位までは「いつ工事を始まるのかなぁ♪」と、となりのトトロのメイのように待っていたものでしたが、今日になってようやく諦めがつきました。
僕の家も工事は止まっているようだし、なんだか他の病棟の虫除けのネットの修理が最優先らしいので、僕の家も、ついてはリハビリ室の完成もずいぶんと先の話になってしまいそうです。
ところで、昨日カウンターパートもなしと書きましたが、カウンターパートというのは、活動を行う上での協力者のことで、僕の場合は、新人のPTがそれに当たります。
今回の活動の主なものの1つに、新人のPTに教育するというのがあったんですが、とりあえずそれはしばらく先の話になりそうです。
一応今は勉強のためにPOMの病院で働いているとのことで、予定では今年の末に来る予定なのですが、本当のところどうなんでしょう。先輩たちの話を聞くと、そのまま誰も来なくてひとりで働いていることも多いそうなので、若干の不安がよぎります。
でもまぁ、現在そんなに英語もピジン語もしゃべれるわけじゃないので、逆にいいのかもしれませんね。
今日初めて患者さんを少しだけ触ったのですが、ぎこちなくしかしゃべれなかったですし(笑)
早いところ、
「おはようございます。  さん。調子はどうですか?そうですか、ちょっと良くない・・。どのあたりが良くないですか?・・・なるほどなるほど。わかりました、今日はそこに注意してあんまり無視しないでリハビリしましょうか・・・」
位はしゃべれるようになりたいものです。
ちなみにビレッジに住んでいる人たちは基本的にトクプレス(現地語。800位ある)を使っているので、人によってはピジン語(公用語)もしゃべれないひともいます。
今日の人もそうでしたが、意識状態の悪い、言語障害のある脳卒中の患者さんで、しかもピジン語すらしゃべれないと、かなり意思の疎通が難しいです。というか通訳がいないと無理!!
ひょっとすると、少しはトクプレスも覚えないといけないんでしょうか。
ちなみに僕の任地の近くには7つの部族。つまり7つのトクプレスがあるそうです。つまり、もし全部の人とスムーズに話すためには、10ヶ国語をマスター・・・。若干めまいがしてきそうです。
でもまぁなんとかなるでしょう!なんとかならないことはあんまり深く考えないで、今日のブログを終わります。
Lukim yu gen


ちなみに、壁の血痕については、こないだDrに笑顔で「ここは前Ope室だったの?」と冷や汗流しながら聞いてみたんですが、産婦人科の建物だったとのこと。一応一安心です。でもなんであんなに血痕が・・
スポンサーサイト



コメント

日本の患者より

血痕とか恐ろしいですね@@;

次に会う時は10ヶ国語ペラペラのスーパーイトウさんですなw

No title

久しぶりだなぁ。元気?語学が苦手な俺にとっては拷問に近いね。まぁ通訳に頼りながらなんとかやるさ。ていうか自分のこと患者って・・。早く自分の足で自分の行きたいとこ(幕張あたりか)行けるようにがんばれよー。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

イトウくん

Author:イトウくん
青年海外協力隊で、パプアニューギニアに派遣中のイトウです。
たまにぼちぼち更新してます。自他共に認める筆不精ですが、好意的なコメントは常時募集中。また、厳しいご指摘も、テレパシーで受け付けております。

 
 
 
 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
 

カウンター