05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パプアのありんこ

アリっているよなぁ・・・ちっぽけらな虫けらのアリじゃよ!(とあるオマージュ)。
と、分かる人だけわかる導入がさておき、今日はパプアのアリについて書こうかなと思います。

アリ。この昆虫の名前を聞いて、みなさんはどんなイメージを持ちますか?
多分働き者。だとか、社会的。だとか、小さくて弱そう。だとかが大多数なのではないでしょうか。

ちなみに、パプアに来てからの僕のイメージは、「凶暴!」です。
というのも、我が家には数多くの種類(ほとんど名前はわかりません)が住んでいますが、その中には取り分けて凶暴な種類がいるからです。

その名前は、ツムギアリ。
赤くて大きい(3mm位)アリで、手頃な木を見つけると、葉っぱを丸めて、木の上に巣を作ります。食料は調べても書いてなかったのでわかりませんが、おそらく果実。
我が家のグアバの樹に、大量に巣食っています。

食料は果物(というか糖分)なら、あんまり問題にならない気もしますが、なんといってもこいつの特徴はものすごく攻撃性が強いこと。

僕の中のアリのイメージは、蟻の大群にちょっといたずらすると、それこそ文字通りアリの子を散らすように逃げ惑うと思うのですが、こいつらは違う。

行動範囲内に人間が入り込むと、容赦なく大群で襲いかかってきます!!

もちろん、噛まれた所で万物の霊長をどうする力もないのですが、これが結構痛い。程度としては、突然爪と爪の間で挟んだくらいでしょうか。それがたくさん!

間違ってヤツらのテリトリーに入ると突然襲われることがあるので、座るところを探すのにも、結構注意が必要なのです。

ちなみにヤツら。天敵(果物の木に忍び寄る大量の子供)がいないのをいいことに、増えに増え、最近は僕んちのゲートの入り口までテリトリーと化しています。

なので、ゲートの開閉は戦々恐々。
ヤツらを刺激しないように、時には攻撃を受ける前に素早くドア前のチェーンを閉めたりしている今日この頃です。

ちなみにやつら、東南アジアやパプアの一部では食用だとのこと。

レモンの香りがするので、レモンティーの代わりにお茶に入れることがある(From Wikipedia)とかなんとか書いていましたが、さんざんそのあたりでレモンがとれるパプアで代用品が必要なのだろうか?
そんな、素朴な疑問を持ってしまう、私の同居人でした。
Lukim yu gen




この写真を見ても大きいとは思えないかもですが、日本のアリより相当大きいです。



RIMG0012_20120513193819.jpg
私の家のゲート。チェーンの周りをツムギアリが闊歩しています。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメントありがとうございます!
黒アリもなかなか強敵です。大きさもさることながら、家に集団で侵入してくるあいつらは驚異です。
ちょっと目を離すと、居間の中で大名行列。
奴らのたくましさに頭が下がります。
ちなみに、アリってスズメバチ科らしいですよ。
だから凶暴なのか・・


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

イトウくん

Author:イトウくん
青年海外協力隊で、パプアニューギニアに派遣中のイトウです。
たまにぼちぼち更新してます。自他共に認める筆不精ですが、好意的なコメントは常時募集中。また、厳しいご指摘も、テレパシーで受け付けております。

 
 
 
 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
 

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。