FC2ブログ
08 月<< 2018年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のお仕事

今日は珍しく、私の仕事の一部をお見せしましょう。
まずは、この写真をご覧下さい。





これは何の写真でしょう。ちょっと普段見かけない作業ですが、わかりますよね。
これはリハビリの機材を溶接しているところです。

とっても、当然ながら僕ではないですが。
これは、病院に勤務している溶接工のRexが仕事しているところ。
最近は珍しく任地に長くいることができるので、長らく放置されていた仕事に着手しているわけです。

それは、平行棒を作ること。

平行棒といえば、あれです。ドラマなどで、主役級のキャラクター(ヒロインを含む)が、最終回付近で怪我若しくは病気をして、その歩くリハビリをしているシーンに出てくる、銀色のパイプです。

本来なら、出来合いのものを購入できれば一番なのですが、探したところ、多分パプアでは平行棒は売っていないので、彼に作ってもらっているわけです。

平行棒なんて言ったら、道具をあまり使わない理学療法の中でも重要な器具の一つだと思うんですが、そんな重要なもの今まで作ってなかったのか!
と、もしかしたら、お叱りを受けるかもしれません。

でも、この道具をオーダーしたのは、かれこれ1年2ヶ月前。ようやく2ヶ月前に作成許可が出たので、現在作成途中なわけです。

ちなみに、この作るだけでもなかなかホネなのですが、ここまでたどり着くまでには随分と長い時間がかかりました。

長いので箇条書きにします。
設計図を作る
作成依頼を出す
ひたすら待つ
作成許可を得る
どうやって作るかをカーペンターに教える
カーペンターが見積もりを取って、材料を仕入れてくる
そして、その材料を間違える
再度違う材料をオーダーするも無視される
しょうが無いので、自分で材料を購入する
材料の一部がポポンデッタでは売っていないことを知り、使えそうなスクラップ探す。そして買う
パイプを切る道具が切れたので自分で購入する
鉄を削る道具が切れたので自分で購入する
仕事をちゃんとやっているかどうか見張る

といったところです。
本来なら、病院に見積もりを出して手続きを踏めば、自腹を切らなくても済むんですが、その手続き一つとっても2ヶ月位かかるので、今回は自腹で作っているわけです。

現在は、バー自体はできて、あとはバーを立てる土台を作っているところなんですが、ここのところを間違えると結局使えなくなる可能性があるので、要注意。
あともう少しでできそうなんですが、まだまだ油断大敵といったところです。

ちなみに、並行して患者さんもちゃんと見てますよ。
患者さんを見ながら、同僚の面倒(主に出勤管理)もみて、リハビリの道具を作成。

そんな、私のお仕事の一幕でした。
Lukim yu gen
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

イトウくん

Author:イトウくん
青年海外協力隊で、パプアニューギニアに派遣中のイトウです。
たまにぼちぼち更新してます。自他共に認める筆不精ですが、好意的なコメントは常時募集中。また、厳しいご指摘も、テレパシーで受け付けております。

 
 
 
 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
 

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。