08 月<< 2012年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポポンデッタの町をぶらぶら歩いていると時折耳にする単語があります。
それは、「Japan!」という言葉。
首都のPort Moresbyなどを歩いていると、しょっちゅう
「チャイコ(中国人の蔑称)!!」と声をかけられるのですが、この「Japan!」はどうやら僕に向けていわれている訳ではない様子。

最初は会話の中で「あいつは日本から来たんだ」とか言う意味で使われているのかとも思っていたのですが、先日等々その謎が解けました。

実はこの「Japan!」現地語の一つでした笑

なんでも、「Oh My God!」と同じような意味の感嘆詞だとのこと。
若い世代というよりもちょっと年配の人の方が使う頻度が多いので、もしかすると、日本軍の進駐と関連があるのかもしれません。

何度かブログで紹介したかもですが、ポポンデッタの近くの海岸沿いの集落には以前日本軍の前線基地があったので、なにかと日本とは縁があるオロ州。

やたらと親日のパプアでは戦争の傷跡などは忘れてしまいがちですが、ひょんなことから旧日本軍と話が繋がることが多々あります。
今でもビレッジにいくと大量にある日本軍の遺留品・・
慣れっこになってきてはいるものの、改めてパプアと日本のつながりを感じました。
Lukim yu gen


ちなみに、戦争の遺留品の一つである大量の銃と銃弾。それらについては村人が大変感謝しながら未だに使われています。
実際見るまでは信じられなかったのですが、錆びた銃弾を分解してメンテナンスして、野ブタ狩りや部族間闘争と様々な場面で未だに現役。
村人曰く、「メイドインジャパンはすばらしい」だとのことです汗
スポンサーサイト
なんだかんだ先週の話になってしましましたが、先週配属先にちょっとしたイベントが起きていました。
それは、NOPSのポポンデッタキャンプ。

NOPSというのは、(National Orthopedic Prosthetic Service)の略で、とどのつまりパプアの義肢装具を作る機関です。

仕事柄いろいろな場所をふらふらと訪れている私ですが、NOPSは首都の病院に付属していることもあり、親密にしている機関の一つ。

時折地方でもキャンプを行っているという話を彼らから聞いていたので、今年のはじめにオーダーしていたのですが、先週とうとうキャンプが開始された次第なわけです。

内容はというと、主に切断者に義肢装具を作ったり、松葉杖や補聴器を配布したりなどといろいろ。
ラジオを使って住民に伝えたところ、30名程度患者が集まりました。

ちなみに、義肢。というと、リハビリ関連じゃなければイメージしにくいと思いますが、作るのには結構な手間がかかります。
まず、採寸。





石膏包帯で切断した下肢の型を取り、その型に石膏を流し込むことで、陽性モデルを作成。


RIMG0121_20120901183703.jpg


その周りをビニールで包み、謎の液体(英語がわかりません)を入れて、それが固まるまで待ちます。


RIMG0170_20120901182925.jpg


その後で、やすりで削ってきれいにすると完成。


RIMG0181.jpg


とまぁざっというとこのような過程で作られるのですが、1つ作るだけでも結構な時間がかかります。
ましてや、患者が7名程度もいたので、相当な大仕事!

正直内容を詳しく聞くまでは採寸だけ行って、後で完成品を送るのかとも思っていたのですが、今回のキャンプ責任者のエリアス曰く、必ず仕上げるとのこと。

結果、毎日深夜まで作業が続くことになりました。
具体的にいうと、
月曜日:到着後から食事を取らないで作業。夜7時に終了。
火曜日:7時半から作業開始。終了は夜10時。
水曜日:同じく7時半から。終了は夜9時
木曜日:そろそろ疲れが・・12時まで作業続行!
金曜日:仕事がずれ込み9時にようやく全行程終了。

といったところ。

偏見ですが、正直パプア人がここまで毎日遅くまで残業できるとは思っていませんでした・・
日本で仕事していた頃は、それこそ要領が悪かったので、毎日遅くまで残っていたものですが、パプアに来てから早1年8ヶ月。
すっかりパプア化した自分には相当しんどい一週間でした。

とはいえ、収穫が大きかったのも確か。
患者が医療品のサプライを受けられたのは当然ですが、院長とエリアスとで交渉した結果、ポポンデッタにもNOPSのオフィスを設けることが決定!

パプアのラジオでOne leg Provinceと揶揄されているオロ州だけあって、義肢装具の需要は増えることはあっても減ることはありません。

いずれはNOPSオフィスを誘致したいと思っていたので、なかなかの好展開でした。
まぁパプアでの口約束なんて、すぐに忘れられてしまう可能性も高いのですが、一歩前進したのは事実。
久しぶりに長時間仕事していたこともあり、なかなか充実した1週間でした。

しかし疲れた・・
最近とみに日本への帰国を不安に感じ始めた今日この頃です。
Lukim yu gen

ちなみに、ルーカスは1週間リハビリ室に泊まり込みでした笑
 

プロフィール

イトウくん

Author:イトウくん
青年海外協力隊で、パプアニューギニアに派遣中のイトウです。
たまにぼちぼち更新してます。自他共に認める筆不精ですが、好意的なコメントは常時募集中。また、厳しいご指摘も、テレパシーで受け付けております。

 
 
 
 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
 

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。