09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飛行機から降りると、そこは、Airportと書かれたあばら屋だった。
お久しぶりです。イトウです。
ずーっとブログを更新してませんでしたが、これには訳があります。
前回のブログに書いてあるように、首都に上京していたわけですが、思いの外忙しく、ハードスケジュールでした。
 内容としては、バイク(という名のスクラップ)の修理。それが終わったらJICAのミーティング。
それが終わったら車椅子組み立ての研修とリハビリの会議(もちろん英語)への参加。
 どっちかというとタフな方だと思っているのですが、さすがに3週間も留守にしていると体は疲れてくるようです。すっかり風邪を引いて帰ってきました。
 ともあれ、今回の上京は結構な収穫です。
 政府の機関をいくつか回ったのですが、車椅子やウォーターベッド(日本でいうエアマットの代わり)をゲットする確約を手に入れましたし、リハビリ関係の著名人と連絡先も交換することができました。
 これで、結構な患者さんが助かるはず。3週間留守にしていた分以上に取り返せたと思います(自画自賛男なので)。
 しかし、3週間も留守にしていると、辺ぴなポポンデッタにも変化があるようです。僕の家の庭は落ち葉や枝で荒れ放題だし、街中にあるマーケットは閉鎖。
 それに何より驚いたのは、僕の見てた患者さんが2人も亡くなったということ。しかも、僕が首都に行った次の週に。
医療職なのでそういう別れは慣れてますが、2人ともだとさすがにがっくり来ます。その中の一人はこれからもっとよくなるはずで、その人のために車椅子を手に入れようとしていたので、正直今日は結構落ち込みました。
でも、今日ポポンデッタに帰ってきて思うのは、改めてここが自分のホームグラウンドだということです。
汚いし、危ないし、ロクでもないとみんな言うけど、なんだかんだ言ってここが僕の任地のようです。何にもなくても、ここには友人もたくさんいるし、僕を待ってくれている人たちがいます。今回首都に3週間もいてみて、初めてそれに気づきました。
そう思えたことが、今回の上京で一番良かった点かもしれません。なんとなくきれいにまとめてみましたが、そんな気がします。
Lukim yu gen




久しぶりにあった同期のみんな。話を聞くとみんないろいろあるようです。中には激変した人も


RIMG0047_20110724190507.jpg
出る前にきれいにしたのに、荒れ果てた庭。でも、新たにバナナが2房も増えていました。
まるでバナナ御殿

いろいろ書きたいことがあるのですが、今日は疲れているのでこのへんで。
時間があったらPOMでの活動を少し書きたいと思います。
スポンサーサイト
 

プロフィール

イトウくん

Author:イトウくん
青年海外協力隊で、パプアニューギニアに派遣中のイトウです。
たまにぼちぼち更新してます。自他共に認める筆不精ですが、好意的なコメントは常時募集中。また、厳しいご指摘も、テレパシーで受け付けております。

 
 
 
 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
 

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。