05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日待ちに待った冷蔵庫がリハビリ室に来ました!
前回書いた平行棒には負けますが、冷蔵庫をオーダーしたのも随分と前。
かれこれ最初にオーダーしたのも、去年の8月にさかのぼります。

この間もただ待っていたわけではなく、いろいろとありました。
見積もりを取ること5回。もうハードウエアショップに行かなくてもいいかと思うと、随分と気持ちが楽になります。

ちなみに、なんで見積もりを5回も取る必要があったかというと、オフィサーが紛失すること3回。
ポポンデッタで売っている冷蔵庫は高いからといって、受理されなかったこと1回。
首都から取り寄せようとしたけど、一向に見積もりを送ってくる気配がないので、やっぱり地元で取り寄せて、計5回です。

普通人生でこんなに冷蔵庫の見積もりを取る人はいないんじゃないかしらん。

とはいえ、待ちに待った冷蔵庫。
これで、暑い日に熱いお茶(煮沸してないと水がくさい)を飲まなくても良くなったので、随分と過ごしやすくなりそうです。

でも、実はこの冷蔵庫。購入した目的は、冷たい水が飲みたいからでは無いのです。
もちろん、リハビリの機材を保管するという大事な目的はあるものの、一番重要なのはスタッフの指揮を上げること!

暑いと仕事をしないパプア人。
彼らのモチベーションを上げるのが真の目的なのでした笑
Lukim yu gen




購入したLGの冷蔵庫。僕がヤマ電でバイトしていたときは、ロークオリティーの代名詞のようだったLGですが、パプアでは比較的品質が良いそうです(カーペンターのRex談)
スポンサーサイト
今日は珍しく、私の仕事の一部をお見せしましょう。
まずは、この写真をご覧下さい。





これは何の写真でしょう。ちょっと普段見かけない作業ですが、わかりますよね。
これはリハビリの機材を溶接しているところです。

とっても、当然ながら僕ではないですが。
これは、病院に勤務している溶接工のRexが仕事しているところ。
最近は珍しく任地に長くいることができるので、長らく放置されていた仕事に着手しているわけです。

それは、平行棒を作ること。

平行棒といえば、あれです。ドラマなどで、主役級のキャラクター(ヒロインを含む)が、最終回付近で怪我若しくは病気をして、その歩くリハビリをしているシーンに出てくる、銀色のパイプです。

本来なら、出来合いのものを購入できれば一番なのですが、探したところ、多分パプアでは平行棒は売っていないので、彼に作ってもらっているわけです。

平行棒なんて言ったら、道具をあまり使わない理学療法の中でも重要な器具の一つだと思うんですが、そんな重要なもの今まで作ってなかったのか!
と、もしかしたら、お叱りを受けるかもしれません。

でも、この道具をオーダーしたのは、かれこれ1年2ヶ月前。ようやく2ヶ月前に作成許可が出たので、現在作成途中なわけです。

ちなみに、この作るだけでもなかなかホネなのですが、ここまでたどり着くまでには随分と長い時間がかかりました。

長いので箇条書きにします。
設計図を作る
作成依頼を出す
ひたすら待つ
作成許可を得る
どうやって作るかをカーペンターに教える
カーペンターが見積もりを取って、材料を仕入れてくる
そして、その材料を間違える
再度違う材料をオーダーするも無視される
しょうが無いので、自分で材料を購入する
材料の一部がポポンデッタでは売っていないことを知り、使えそうなスクラップ探す。そして買う
パイプを切る道具が切れたので自分で購入する
鉄を削る道具が切れたので自分で購入する
仕事をちゃんとやっているかどうか見張る

といったところです。
本来なら、病院に見積もりを出して手続きを踏めば、自腹を切らなくても済むんですが、その手続き一つとっても2ヶ月位かかるので、今回は自腹で作っているわけです。

現在は、バー自体はできて、あとはバーを立てる土台を作っているところなんですが、ここのところを間違えると結局使えなくなる可能性があるので、要注意。
あともう少しでできそうなんですが、まだまだ油断大敵といったところです。

ちなみに、並行して患者さんもちゃんと見てますよ。
患者さんを見ながら、同僚の面倒(主に出勤管理)もみて、リハビリの道具を作成。

そんな、私のお仕事の一幕でした。
Lukim yu gen
この間のブログの続きですが、Tufi滞在中は、Tufi Dive Resortへ宿泊していました。
Tufiはリゾートとこないだのブログで書いていましたが、勘違いしちゃいけないのは、Tufiにリゾートがある。ということ。Tufi全体がリゾート地で、ホテルが立ち並び、ショピングモールがあるようなものを想像しちゃいけません。

Tufiは半島の先にある町なので、要するにその中にダイブリゾートがあるということ。当然ながらリゾートの周りはビレッジそのもの。なので、Tufiに来たらリゾートに泊まらないと、リゾート気分に浸れないわけです。

でも高い!首都のホテルでも常々高さに驚かされますが、ここは更に高いかも。一人あたりK400。だから日本円で16000円位。しかも、一人頭なので、2人宿泊で32000円!

多分日本でもかなり高く感じると思うんですが、パプアだとひとしお。
ちなみに、計生活費2ヶ月分・・
ブログをアップしている今現在。ちょっと奮発しすぎたかなと冷や汗をかいています。

ともあれ、非常に高いカネがかかるわけですが、そこは外国資本のリゾート。パプアクオリティーとは3味4味も違います。

まず、パプア人がいない!当然勤務しているのは地元の人ですが、利用しているのは、ほとんどが西洋人(多分殆どオーストラリア)。
パプアのホテルといえば、かなり太った巨大なパプア人大勢いて、バイキング形式のディナーをもりもり食べているイメージがあるのですが(偏見?)、ここは食堂も洗練されていて、とっても綺麗。
バーが付属していますが、酔っ払っているスパークマンギーの姿のかけらもありません。

ホテルの内装も、全体的にトラディッショナルな様子を生かした作りになっていて、とってもおしゃれ。
3日間の滞在でしたが、魚を食べたり(ポポンデッタでは新鮮な魚は食べられません)、海で泳いだり、マーケットで調理された貝を食べたりと、なかなかエンジョイできました。

ちなみに、Tufiから帰る手段はどうしたかというと、シップで帰って来ました。残念ながら写真がないのでお見せできないのですが、この船多分日本で昔使われていた客船なんでしょう。
日本の客船といえば、客室にフロアマットが引いてあって、小粋に枕などが設置しているものですが、パプアナイズされたこの客船にはフロアマットなどは当然ありません。
現地人を満載した小さな客室に、横になって寝ながら帰ってきました。

昨日まではリゾートに泊まってたのに・・
以前他の隊員が、パプアの船は奴隷船だ。と暴言を吐いていたことがありましたが、乗船中はそんなことを思い出していました。
Lukim yu gen



RIMG0111_20120418181139.jpg
食堂の風景。いたるところにタッパー(オロ州特産の木の皮から作った工芸品)が貼ってあって、なかなかおしゃれ



RIMG0112_20120418181138.jpg
食堂に隣接しているバー。ここでワインを2瓶開けてしまいました。はしゃぎすぎた?・・



一気にブログをアップしてしまいますが、今日(4月9日)家に戻って来ました。
どこから?
それは、オロ州にあるパプア有数のリゾート。
トゥフィ(Tufi。ローマ字だと書きにくい・・)からです!

普段友達のボランティアには、ポポンデッタには何にもないと、言っていますが、ここは、オロ州の至宝とも言うべきところ。
ポポンデッタから南にしばらく行ったところにある、フィヨルド地形のリゾートで、アメリカやらオーストラリアからの旅行客がたくさん来ます。

というのも、ここは、首都のポートモレスビー。ないしは、オーストラリアから最も近いリゾートだからというのが、その理由。

POMから飛行機で1時間弱なので、ちょっとした休みでも利用しやすいわけです。

自分がトゥフィに行ったのも、連休(イースター休み)を楽しむため。
首都から1時間弱なら、首都より近い同じ州内にあるポポンデッタからなら、もっと近いと思うでしょう。

じゃあ、かかった時間はどのくらいだと思いますか?
答えは、3時間。
なぜなら、ディンギー(小型船舶という名の漁船)で、向かったからです。

なんでわざわざ船でと思われるかもしれませんが、実はこの休暇を決めたのは、若干1週間位前。
1週間前だとさすがのパプアでも飛行機は満席だったので、友人のツテでディンギーでトゥフィへ向かったわけです。

しかし、先週Yomaにディンギーで出張したばかりなのに、今度もディンギー。
こないだと合わせて、約24時間乗っているんだから、まさに海人。

漁師隊員顔負けの生活を楽しんでいます。
トゥフィでの滞在は次のブログで書きますね。
Lukim yu gen




トゥフィの風景。濁りきったポポンデッタの海とは一味違います
 

プロフィール

イトウくん

Author:イトウくん
青年海外協力隊で、パプアニューギニアに派遣中のイトウです。
たまにぼちぼち更新してます。自他共に認める筆不精ですが、好意的なコメントは常時募集中。また、厳しいご指摘も、テレパシーで受け付けております。

 
 
 
 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
 

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。