05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今ブログを書いている時(4月9日)からちょうど1週間前になりますが、この間オロ州のYoma(ヨマ)に出張して来ました!

Yomaは、オロの中でも有数の僻地で、ポポンデッタよりも北側で、モロベ州の州境近くにあります。
どのくらい僻地かというと、比較的田舎なオロ州の中でも、ポポンデッタがある中部は道路がつながっていて、大体の地域は車で移動できるし、小さな商店に行けば大体の雑貨も手に入ります。

でも、Yomaは全く別の世界!
交通手段はディンギーだけだし(昔は飛行場があったみたい)、どこにでもあると思っていたブアイを売っている露天さえ見かけることはできません。
患者の訪問リハビリなどで、たまにビレッジを訪問していた僕ですが、ここまでの田舎ははじめてです。

とわいえ、Yomaです。
ちなみになんでそのド田舎に来たかというと、ずっと内科の病棟で見ていた患者さんが亡くなったので、そのお葬式に呼ばれたというのが直接の理由。ですが、それに並行して、Yomaにはヘルスセンター(地域の病院のようなもの)があるので、一度見てみたかったわけです。

患者さんのお葬式は約3日間。
その間、移動時間が計15時間。あとは、家族が棺の前で泣いていたり、神父が葬儀を行ったりといろいろあるのですが、そこはパプア。一つ一つの間隔は長く、時間はイシイシ(ゆっくり)と過ぎていくので、その間を見計らって、ヘルスセンターを訪問してきたわけです。

そこの訪問した感想はというと、他のヘルスセンター同様。十分な設備が整っておらず、人材が不十分だということ。

・・ではあるんですが、そこはやはり遠隔地。
他のヘルスセンターとはレベルが段違いに低く、薬から環境に至るまで他の追随を許しません。

ヘルスセンターがあるのは、ステーションと呼ばれる地域の政府関連のオフィスが並ぶ地域のわけですが、雰囲気はこんな感じ。





どうでしょう。雑草が鬱蒼としていて、その中に家がポツポツと立っていますが、この中に人は住んでいると重ますか?

実は、これらの建物のほとんどが使われていません。理由は、オフィサーがいないから。
そうです。これらのオフィスも建物も政府関係者のためのものなんですが、誰も赴任していないので、ただ放置されているわけです。
ちなみに、警察署(というか交番?)はありますが、ポリスもいない始末。
さすがにこれだけ寂れているところには来たことがなかったので驚きました・・。

でもそんな中でも、ヘルスセンターのオフィサーは働いていました。
何でも彼。地元出身でもないのに、10年もYomaから出てないとのこと。
ポポンデッタでも、田舎に感じてしまう未だに日本人が抜け切らない僕には、ちょっと想像がつかない生活です。

ちなみに、彼からは重要な情報を知ることが出来ました。
それは、彼の任期中、ポポンデッタの病院からは、だれひとりとして訪問者はいないということ。

これには、ちょっと僕も絶句しました。
本来なら、定期的な僻地への訪問は州の基幹病院の義務。
僕も、パプアに来た当時から、そんなにマメにヘルスセンターの巡回はしていないだろうと思っていたんですが、まさか10年も誰もDrが訪問していないとは・・

一応僕の上司からも、たまに訪問していると聞いていたので、これは、まさに寝耳に水でした。

何らかの仕事に付いている人ならともかく、半自給自足の農家が大多数のパプア。
家族がもし重篤な病気でも、州都の病院までいけるような人は稀です。
そんな人のためにDrの巡回は大切な仕事のはずなのですが・・

どうやら、去年思っていたように、待っていれば誰かがヘルスセンターの巡回を計画するだろ〜的発想は大きな間違いだったようです。
これがわかっただけでも、Yomaを訪問した価値は大きかったかも。
そんな、Yoma出張体験記でした。
Luim yu gen


RIMG0066.jpg
海を渡り、川を永遠遡るディンギー。浅瀬になると人力になります。




RIMG0087.jpg
葬式が終わったあとのサクサク(サゴヤシの澱粉)作成風景




RIMG0083_20120409213546.jpg

村人たちが体を洗う川。Yomaはグリーンな川で最高だ!と聞いていたんですが、先日の雨のせいか、いつもこんななのか、とっても濁っています。残念ながら、行水は遠慮しました・・



RIMG0090.jpg
Yomaの村から、ヘルスセンターへの道



RIMG0093.jpg
ヘルスセンターで働く、Mr. Kabunna氏。こんな感じでほとんどビレッジと同じ生活をしているようです



RIMG0096.jpg
ヘルスセンターからの帰宅途中。遅くなってしまったので、当然真っ暗



RIMG0097_20120409213544.jpg
泊まり客が宿泊していたハウスウイン(休憩所)僕もここで2日間野宿しました汗
スポンサーサイト
と言っても、パプア隊員以外にはさっぱりだと思いますが、これは、パプアで売っているインターネットモデムの回線の一つ。

ずーーっと前に、パプアにはテリコムとデジセルの2つの会社があり云々と説明したことがありましたが、これは、その時にネット回線は全然ダメ。と書いた方のモデムで使える回線のこと。

1年前僕がパプアに来た時点では、デジセルのモデムは高い。遅い。で全然使い物にならなくて、テリコムのモデムが使えない地域は、泣く泣くデジモデムを使うという現状でしたが、途上国の1年の技術革新はすごいですね。

この3Gの回線が使えるようになってから、急激にシェアを伸ばしているのがこのモデムなんです。

何が違うか?
まず速い!
テリコムモデムよりも若干ながら速く回線がつながります。
それに、安い!
夜の8時以降だとテリコムのモデムより安いので、かなりお得なモデムなわけです。

こういろいろとまくし立てると、現在のパプア隊員はみんなデジセルモデムを持っていそうなものですが、実はそうでもありません。

なぜならカバーしているエリアが少ないためです。

そう。実は去年始まったサービスなので、使える地域はほんの一握り。
首都のポートモレスビーと、レイ、ハーゲン、ココポと、大きな町でしか使えなかったわけです。

と、導入を長々書いてしまいましたが、カンのいい皆さんならお分かりですね?

そう、なんと今日からポポンデッタで、Disicel3Gのサービスがな始まったんです!

他の大きな町を通り越して!

理由はよくわかりませんが、聞くところによると、カスタマーが一定以上になったので、サービスが開始したとのこと。

どう考えてもマダンとかの大都市(パプアでの)の方がカスタマーも多い気がしてならないですが、ともかくめでたい。
という訳で、今日は久しぶりにネットサーフィン(死語です)してみたわけです。

いやぁ、快適なネットはいいですね。
速くてしかも定額制の日本だとちょっとイメージしづらいと思いますが、前のモデムの場合、急激に速くなったり遅くなったりを繰り返していたので、使い勝手が最悪。
あと、去年ノリで買った、新しいMacBook airでも使えなかったので、格段に使いやすくなって、今日はとってもハママス(幸せ)な一日でした。
本当にそれだけなんですが、ちょっとブログをアップしてみた次第です。
Lukim yu gen




私のマックブックエアー。本を読むにもネットにも最近欠かせない存在になりつつあります。
注:随分長い間ブログを貯めていたので、書いた時期と更新時期に随分差があります。あしからず・・


突然ですが、協力隊には任国外旅行という制度があります。これは、任期中に海外に旅行ができる制度。
もちろん自費ですが、長い途上国暮らしの中、隊員のみんながつかの間の安らぎとして、利用する制度というわけです。

例に漏れず、僕も任国外旅行を申請しました。
行き先はインドネシア!
日本で気質の仕事をしてたら絶対にできない、14日間インドネシア周遊の旅です!
ちなみに、なぜパプアからまた途上国へ行くの?という皆さんも多いかもしれませんが、間違っちゃいけないのは、インドネシアはパプアから見れば大都会ということ。
ケンタッキーはあるわ、マックはあるわ、物価が安いわで、パプアから見ればなんで隊員が派遣されているの?という位の恵まれた環境なわけです。

というわけで、ウキウキ気分で待ちに待ったインドネシア旅行なわけですが、出発したのは、3月4日。旅行も終盤にかかっているわけですが、ここでクエスチョンです。
私は一体どこにいるでしょう?

答え:パプア(インドネシア国境近くの町バニモ)

でした。

・ ・・詳細はこうです。
インドネシアへ向かうべく、オーストラリアのケアンズに降り立った3月4日の私。この時は完全に旅行気分で浮き足立っていたわけですが、破局は突然訪れました。

空港で早速ドルを下ろそうかとATMに向かい、クレジットカードを使ってみるものの、お金が引き出せません。
ここで、勘のいい皆さんは、
カードの残高かな?
とか、使用期限切れかなとか想像されるかもですが、予想外の原因が、僕のカードを蝕んでいました。

理由は、契約していた理学療法士協会の会員証が、使用中止になっていたこと。なんでも、協会がいままで使っていたカードを取りやめにしたことが原因らしいです。
連絡が僕のメールアドレスにも来ていたらしいんですが、それに全く気づかなかった私。
本人が知らぬ間に、2月末日を持ってめでたく紙切れとなっていたわけです。

ケアンズに着いたときは、まだ何とかなるさと軽く考えていた私ですが、原因がはっきりすると、目の前が真っ暗に・・。

現金もほとんど持っていなかったので、その日はなんにも食べることが出来ず、次の日にエアニューギニアに頼み込んで、無理くり乗せてきてもらったわけです。

というわけで、私の任国外旅行の日程は、2週間の予定が2日!
しかも、食べたものは機内食だけという、とんでもないサバイバルな旅になってしまいました。

もちろん、インドネシアへのチケットはジェットスターだったので、キャンセルは効きません。
よって、合計10万円。僕自身のアホのせいでドブに捨ててしまったわけです。
隊員生活では本当に貴重なお金なのに・・

悔やんでも悔やみきれませんが、仕様がないですね。
事件発生から8日間。ようやく心の整理ができたので、ブログに載せた次第です。

ちなみに、今僕がいるのは、パプアとインドネシア国境の町バニモ。
なんで今バニモにいるのかとかは、次のブログに書きますね。
このまま続けると、次の記事まで負のオーラに浸ってしまいそうなので(苦笑)
Lukim yu gen
皆さんお久しぶりです。イトウです。
本当に久しぶりなんで、アイツ死んだんじゃないかとか、心配してくれた人がいればありがとうございます。

この間色々とあったんですが、それは後ほど。
今日はホットなニュースがあるので、皆さんにお届けしたいと思います。

ニュースというのは、同僚のルーカスの病気のこと。
よっぽどマメに僕のブログを見ていないと忘れ去られていると思いますが、僕のオフィスには、現在3名のスタッフが働いています。

理学療法士のエルシーと僕。そして、アシスタントのルーカスです。実はこのルーカス。随分と長い間病に苦しめられていました。

始まりは確か11月の終わりごろ。
彼は比較的スタイルマンギー(比較的おしゃれな若い男のこと)で、よく僕の服装が汚いだとか、注意されるくらいなんですが、その日から突然サングラスをかけ始めました。

ターミネーターのようなサングラス(黒くて幅が広いやつ)をかけて現れた彼を見て、イメチェンでもしたのかなと思ったんですが、話を聞いてみると、何でも太陽を見ると目が痛くて目を開けていられないということ。
しかも、物を見ると2重に見えると言うんだから大変です。

すぐに、眼科のナースの診察を受け、その後内科のドクターから色々検査を受けたものの、全部陰性。
謎の病ということで話がつき、首都の病院の検査室に検査を依頼して、長い時間が経ったわけです・・。

ちなみに、彼の体調は徐々に悪化。突発的な腰痛や、右半身の軽い麻痺に悩まされ、最初左目だけだった問題が右目にも起きたりなど、さすがに彼もナーバスになっていました。

最近になると、もう病院には見切りをつけて、首都に行って検査を受けるしかないと、CEO(院長)に直訴を試みるくらい思いつめていたんですが、今日になってようやく結果が首都からもたらされました。

結果:TB(結核)

なんども結核のテストはしたはずだったのですが、病院では何故か陰性。なんでもかなり大掛かりな検査をした結果明らかになったそうです。
僕なんかは結核じゃなかったら、脳腫瘍じゃないかと疑っていたので、本当に安心しました。

でも、この結核。恐ろしい病なので、舐めてかかっちゃだめですよ!

最近日本でも、結核は過去の病じゃないとかなんとか騒がれることがあると思いますが、結核は多分パプアの死因ベスト3には間違いなく入るでしょう。

結核といえば、どうしても沖田総司が血を吐くようなイメージをしがちですが、いろんな症状が起こるのが特徴。時にはひどい下痢だったり、頭痛だったり、下半身の麻痺だったりします。

まぁ亡国病と呼ばれていた時代とは違って、抗生物質を飲めば治る病気なのですが、問題なのがそれを6ヶ月飲み続けなければいけないこと。

途中でやめてしまうと菌が復活して、しかも耐性を持ってしまうという厄介な病気なのです。

ともあれ、パプアで脳外科手術よりはいいですよね。
多分明日くらいから1ヶ月くらいの長期休暇(というなの自宅療養)に入ると思いますが、再び元気になって戻ってくるのを祈る今日このごろです。
Lukim yu gen



大量の薬(しかもでかい!)と笑顔のルーカス


ちなみに、日本では結核からの感染対策として、特殊なマスクをしたり、結核菌が拡散しないように厳重注意をするんですが、パプアでは比較的放置されています。



 

プロフィール

イトウくん

Author:イトウくん
青年海外協力隊で、パプアニューギニアに派遣中のイトウです。
たまにぼちぼち更新してます。自他共に認める筆不精ですが、好意的なコメントは常時募集中。また、厳しいご指摘も、テレパシーで受け付けております。

 
 
 
 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
 

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。